独学で基本情報技術者試験を受けようと思ったらまず最初にやるべきこと

今回は、独学で基本情報技術者試験を受けようと思ったときにまず最初に取り組むべきことについて
ご説明したいと思います。

 

『基本情報技術者試験がスキルアップにいいらしい』

そう思って基本情報技術者試験を取得しようと思い立ったはいいけど、
いざやろうと思うと、いったい何から初めていいのかわからない。

そんな方を対象に本記事を書きました。

 

この内容を知っていただくことによって・・

✅ 基本情報技術者試験を取得するにあたって何をすればいいかがわかる
✅ 次の基本情報技術者試験までにどのような流れで動けばいいかがわかる
✅ 基本情報技術者試験の正しい学習法がわかる

と、このようになれます。

 

本記事の内容を理解して基本情報技術者試験の取得を目指しましょう!

 

スポンサーリンク

基本情報技術者試験を取得しようと思ったら行うこと

まずは基本情報技術者試験を取得しようと思ったら、あなたが行うべきことを以下にまとめます。

  1. 基本情報技術者試験の制度について知る
  2. 学習スケジュールを立てる
  3. 参考書を選ぶ
  4. 学習を開始する
  5. IPAサイトで試験申込を行う

1つずつ説明させていただきますね。

 

基本情報技術者試験の制度について知る

まず1番初めに行うことは、基本情報技術者試験の制度について知ることです。
全部を全部細かく知る必要はありませんが、最低限以下のことを確認する必要があります。

  1. 基本情報技術者試験はいつ試験があるのか?
  2. どこで試験を受けられるのか?
  3. 受験料はいくらなのか?
  4. どのような試験内容なのか?

 

詳しくはIPAのサイトをご確認していただきたいと思いますが、
簡単に上記の情報をまとめます。

1について
→毎年4月と10月の第3日曜日に試験が行われます

2について
→全国の大学等で行われており、基本的にはあなたが住んでいる一番近い会場で受ける形となります

3について
→5,700円
※2019年秋期の受験料となります。最新の受験料はIPAのサイトにてご確認ください。

4について
→午前と午後の試験にわかれており、簡単にいうと午前は基礎問題、午後は応用問題となります。
すべて選択式の問題です。

 

その他、次のページでは基本情報技術者試験に関する記事をまとめておりますので
このページで基本情報の制度をしっかりと理解していきましょう。

さぁ基本情報技術者試験を攻略しよう!
「彼を知り、己を知れば百戦殆うからず」とは有名な諺で、 敵を知り、味方について情勢を把握しておけば何度戦っても負けることはないと言われています。 基本情報技術者試験に挑もうとするならば、基本情報技術者試験についてしっかりと理解しておく必要が...

 

学習スケジュールをたてる

試験日から逆算し、あとどのくらいの日数があるのか?
そしてその期間中、1日何時間位を勉強時間にあてることができ、
合計すると試験日までにどの程度の勉強時間数が確保できるのか?

そして確保できる勉強時間をどのように割り振るのかをざっくりで良いので計画立てます。

 

ここで重要なことは、細かく立てすぎないことです。

細かく立てすぎてしまうと一日ずれただけでも、そのズレが気になってしまいそれだけでストレスがかかってしまいます。

結果、受験自体を諦めてしまうという状況になりかねません。

ここで立てる計画はあくまでもざっくり計画ということを覚えておきましょう。

 

参考書を選ぶ

独学で学習を行う場合は、基本情報技術者試験の参考書を使って学習を行う形となります。

参考書は午前用に1冊、午後のプログラミング問題用に1冊、そして必要に応じてアルゴリズムや午後のその他の問題対策用に購入するのが良いでしょう。

参考書のおススメについては以下の記事をご参照ください。

 

初学者に「栢木先生の基本情報技術者教室」をオススメする7つの理由
本日は「栢木先生の基本情報技術者教室」、 通称「猫本」と呼ばれる基本情報技術者の午前の参考書をご紹介したいと思います。 まずはじめに言っておきますと、基本情報技術者を初めて受験する人にとって 「栢木先生の基本情報技術者教室...

 

もう参考書選びで迷わない!タイプ別参考書の選び方
こんにちは、あっきーです。 今回は基本情報の参考書を選ぶときに知っておきたい、 参考書の『4つのタイプ』についてお話ししたいと思います。 この内容を知っておくことで、以下のような状態になれます。 基本情報の参考...

 

基本情報技術者の午後対策にオススメの参考書はコレだ!
こんにちは。あっきーです。 今回は、基本情報技術者試験の午後対策にオススメの参考書ということをテーマにお話したいと思います。 本記事を読むことで以下のような状態になれます。 午後の試験対策に有効な参考書がわかります 午後の試...

 

 

ただし一番良い学習方法は「過去問演習」ということをお伝えしておきます。

午前の問題は過去に出題された内容がそのまま出題されることが非常に多いです。

また午後の問題についても同じ内容が出題されるということはありませんが、解き方が同じ、考え方が同じという問題は多く出題されます。

ですので、過去問演習を行うことが基本情報技術者試験の最大の攻略法ということを覚えておいてください。

 

勉強を開始する

学習スケジュールが立て終わり、参考書が選び終わったら早速学習を進めましょう!

学習時間は比較的長いため、いかにモチベーションを保ちつつ学習を続けられるかが重要となります。

 

試験申込を行う

試験申込は、試験申込期間中にのみ行えます。

これは人によっては学習が終わった段階で行うという方もいらっしゃいますが、
多くの方は学習前や学習中に行うこととなります。

 

お申し込み方法については、以下の記事が参考になります。

基本情報技術者試験の申込方法を詳しく解説します!
こんにちは、あっきーです。 今回は、基本情報技術者試験の申込方法がわからないという方のために、 試験の申込方法について詳しく解説していきたいと思います。 ※今回ご紹介する内容は、2019年10月(秋期)の試験申込みに関する解説とな...

 

 

まとめ

独学で基本情報技術者試験を勉強しようと決めたなら、次に行うことは以下のような流れです。

  1. 基本情報技術者試験の制度について知る
  2. 学習スケジュールを立てる
  3. 参考書を選ぶ
  4. 学習を開始する
  5. IPAサイトで試験申込を行う

 

そしてこのことが理解することができたならば、
次にあなたが知るべきことは「いかにして学習を効率良く進めるか?」ということです。

その内容につきましては私のメルマガでも詳しく解説しておりますので、
ぜひ無料登録してみてくださいね!

詳細は以下のバナーをクリック!

ここまでお読みいただきありがとうございました!
あっきーでした。

タイトルとURLをコピーしました