基本情報技術者は実務で役に立たないという話は嘘?本当?

あなたはこんな疑問・不安を持っていませんか?

✅ 基本情報技術者資格を取得しても実務では使えないのでは?
✅ 基本情報技術者資格は形骸化している?
✅ もっとITエンジニアとしてアピールできる資格を目指した方がいいんじゃないか?

 

私も色々なサイトやSNSで、

「基本情報技術者資格は形骸化していて、実務では使えない」

というような内容をよく目にします。

 

今回お話しする内容は、そんな疑問に応えるべく、
10年以上のキャリアを持つ、現役システムエンジアの観点から基本情報技術者の有用性についてお話しします。

 

「基本情報技術者を取った方が良い」と言われて取得しようと思ったけど
「実務ではあまり使えない」と聞いて、いまいちモチベーションが上がらない方にぜひ読んでいただきたい内容となっております。

 

スポンサーリンク

基本情報で学ぶ知識は開発現場で必要不可欠な知識です!

結論から言うと・・・
基本情報技術者で学ぶ知識は、ITエンジニアとして必要不可欠となる知識が多いです。

 

もちろん、中にはこれはちょっと時代遅れじゃないか?

と思われるものもあります。

 

例えばCRTディスプレイというのが2019年春の試験まではいちを試験範囲に含まれておりましたが、
これなんかはまさに一部の特殊な仕事を除いて、まず出てこない単語です。

 

ちなみにCRTディスプレイとは以下のようなブラウン管テレビに似たディスプレイです。

昔のPCであれば、ディスプレイと言えばこの形が主流でして、
これを見るとウキウキしていたこともありましたが・・・

もはや20年以上も前の時代のものとなりますね。

 

少し話が脱線しましたが、
確かにこのような使わないような単語すらも、つい最近まで試験範囲に含まれてはいました。

 

ですが、システムエンジニアとして長年働いている私の観点からしてみても、

ITエンジニアとして働きたいのであれば、基本情報技術者はぜひ身につけておいて欲しい知識であると言えます。

 

とある若手ITエンジニアの大事件

つい最近のことですが、20代半ばにしてプロジェクトマネージャ(PM)に抜擢されたエース的な人物のAさんがいました。

 

Aさんはまだ若いですが技術力もあり、客受けも良く、PMとしても十分やっていけるだろうと誰もが思っていました。

 

ですが、契約面で重大な落とし穴にはまってしまいます。

 

その人は、『請負契約』『準委任契約』を間違えてお客に伝えてしまったんです。

 

請負契約とは、超ざっくり言うと、

お客:「成果物が良ければ過程は気にしないよ。だけどミスがあったらそっちで自腹切って何とかしてね」

という内容。

 

準委任契約とは、これも超ざっくり言うと、

お客:「何かミスがあっても責任は問わないよ。(もちろんプロとしてきちんとやることはやってね)」

という内容です。

 

システム開発者側から見ると準委任契約の方がリスクは低くなりますが、その分儲けが少なくなります。

逆に請負契約の場合、リスクは高まりますが、上手くいけば儲けはかなり出ます。

 

これを逆に捉えていたAさんは、さぁ大変です!

お客様はカンカンに怒っており、上司からの評価もだだ下がりです。

(まぁ初めてということもあり、上も大目に見てくれたという結果に終わったようですが・・)

 

この内容は経験則的な面もありますが、

このことのベースとなっている、『請負契約』と『準委任契約』の違いは、バッチリ基本情報技術者試験の試験範囲です。

もしこの違いを理解していれば簡単に回避できた内容です。

まとめ

基本情報技術者の学習内容は、一見すると、

「こんなの実務じゃやらない、使えない資格なのでは?」

と思ってしまう部分もあるでしょう。

 

ですが安心してください!

しっかりと実務でも使える内容です!!
(というか、開発現場では知らないとお話しにならないこともあります

 

システムエンジニアを何年か経験した後で、

「あー、これ基本情報で学習した内容だ。」と思えることがかなり出てきます。

 

ですので、せっかく基本情報技術者試験に挑もうとなったのですから、
しっかりと知識を吸収して、実力のあるエンジニアとして成長していっていただければと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

他にもスキルアップしたい方を対象にした、
基本情報技術者試験のより詳しい勉強法を無料メルマガでもご紹介しております。

✅ どのように勉強したらいいかわからない
✅ 試験範囲が広すぎる
✅ 仕事が忙しすぎて勉強する時間が足りない

これに当てはまる人は、ぜひメルマガへご登録ください。
詳しいご案内は以下のバナーをクリック!

ここまでお読みいただきありがとうございました!
あっきーでした。

タイトルとURLをコピーしました