初学者必見!基本情報技術者で早めに勉強を始めるべき分野とは?

今回は、基本情報技術者の試験対策を行うにあたって、早めに勉強を始めるべき分野をお話したいと思います。

 

基本情報技術者の試験対策を行う上で、勉強を進める順番というのは非常に重要です。

そして、その順番は参考書の順番が必ずしも正しいというわけではありません!

 

このことを知らなければ、以下のような最悪な状態になってしまうかもしれません。

✅ 基本情報の試験対策の進め方が悪く、時間をかけた割には合格点まで届かない
✅ 試験日間際になってもまだ不十分な分野が残ってしまい合格点まで届かない

 

逆にこのことを知っているだけで、
勉強計画が立てやすくなり、計画的にかつ効率的に合格に向けて学習を進めることが可能となります。

 

今回は、基本情報技術者試験を初めて受験するんだけど、どのような順番で進めたら良いかわからないといった方にぜひ読んでいただきたい記事です。

 

スポンサーリンク

基本情報技術者試験で早めに勉強を始めた方が良い分野とは?

早めに勉強を始めるべき分野は午後問題のデータ構造及びアルゴリズム(通称アルゴリズム)です。

 

なぜならこの分野は、

思考の練習なので、慣れるまで時間がかかるからです。

 

こう言うと、アルゴリズムは午後の試験分野なので、
「午前試験の知識を入れてからの方が良いのではないか?」と思うか方も多いでしょう。

 

しかし、アルゴリズムについては覚えた知識を問われるというより、

考え方、思考力が問われる問題です。

 

午前の知識が全く必要ないとは言い切れませんが、

仮に午前の知識がなくとも、ある程度は勉強を進めていくことは可能です。

 

ちなみに・・・

たまにアルゴズムを諦めて捨ててしまう方がいますが、それはやめておいた方がいいです。

理由は、以下の3つがあげられます。

1.必須問題であり配点が高いから(2020年度春試験からは配点率UP! 20 → 25/100点)
2.午後試験のソフトウェア開発(通称プログラミング)問題でも関連性が高いため相乗効果が期待できるから
3.ITエンジニアを目指すなら、スキルアップに直結するから

 

ですのでアルゴリズムを捨てるのは絶対にやめておきましょう!

 

ご飯はカレーと平行して炊いておこうよ

アルゴリズムを、後でやろうというのは、例えて言うと次のようなことに似ています。

 

夕飯にカレーライスを作るとします。

カレーライスなのだから、カレーとライスが必要で、どちらも無いから作ります。

 

で、カレーだけをとりあえず作り始めます。

玉ねぎを切って、人参を切って・・・
フライパンで野菜やお肉を炒めて・・・

頑張って焦がさないように作ってカレーのルーを作る。

 

そして、ルーができあがりそうな時にご飯を炊き始めます。

 

ルーはできました!
お腹も空いた、早く食べたい!

 

でもご飯はまだ無いんです。

炊けるまでにあと20分はかかりそうです。

 

このような時、あなたならどうしますか?

我慢して待ちますか?
それとも、もういい!と思ってご飯の無いただのカレーだけを食べますか。

 

試験日は待ってはくれません。

こんな作り方ではカレーのルーだけの勝負になり、合格点を超えることが難しくなってしまうのです。

 

アルゴリズムの勉強に取り掛かろう!

まずは行動するのが重要です。

今からアルゴリズムの問題演習に取り掛かってみましょう。

STEP1
午後の教材からアルゴリズムに関するセクションを開きます。
まだ午後の教材が無い方は、こちらの過去問道場で「データ構造及びアルゴリズム」を開きましょう。

STEP2
わからなくてもいいので、とりあえず問題をざっと眺めてみてましょう

STEP3
どういった問題かを肌感覚で感じ取りましょう

 

いかがですか?

初めての方は「む、難しい・・・」という感想を抱く方がほとんどだと思います。

しかし安心してください。

きちんとした正しい学習を積み重ねることでアルゴリズムの問題は解けるようになります。

 

まとめ

最初のうちは、アルゴリズムの問題を解こうと思っても、ほとんどチンプンカンプンかと思います。

ですが、正しい練習を重ねていくうちに

「これは、こうだよな・・。」という時が必ず訪れます。

そうなるために、早い段階でアルゴリズムに取り掛かっていきましょう!!

 

それでは気になる「アルゴリズムの正しい勉強法とは?」ということですが、
その内容については無料LINEマガジンにてお伝えしております。

もちろんアルゴリズムに限らず、基本情報技術者に合格するための勉強法も合わせてお届けしています。

ご興味がありましたら以下のバナーより無料LINEマガジンへご登録ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました!
あっきーでした。

タイトルとURLをコピーしました