周りがうるさくても基本情報技術者の試験対策に集中できるある1つの方法

今回は、周りがうるさくて勉強できない環境でも集中できる、ある1つの方法についてお話させていただきたいと思います。

 

あなたはこんなことはないでしょうか?

「家族の生活音がうるさくて勉強に集中できない!」
「隣の部屋がバカ騒ぎして勉強に集中できない!!」

 

このような場合、よく言われますよね?
「近くのカフェや図書館に行って勉強すればいいじゃない。」と。

 

でも、次のような人もいますよね?

「うちの近くに、落ち着いて勉強できるカフェや図書館が無い場合はどうすればいい!?」

 

そうです。
このような人は、どうやって勉強に集中すればいいのでしょうか?

 

「精神を集中すれば騒音は消える!」と思って、勉強を頑張って進めていても、
イライラと焦りが募るだけで勉強したことのほとんどが頭に入らないなんてことは当然です。

 

しかし、今回お話する内容によって、以下のような状態になれるのです!

✅ 周りがうるさくても勉強に集中することができる
✅ 周りの騒音によってイライラや焦りを感じることがなくなる
✅ 近場に図書館やカフェといった退避場所へ行かなくても騒音問題を解決できる

 

逆に今回の内容を知らずにいることで・・・

✅ 周りの騒音によって勉強に集中できず、結果として基本情報技術者試験に落ちる
✅ 今まで通り周りの騒音によってイライラや焦りを感じる状態が続く
✅ 近場に図書館やカフェがないからといって、わざわざ遠くの場所まで時間をかけて移動する

と、こんな状態になってしまうんです。

 

周りの音がうるさい環境でも、一変して集中して勉強できるスペースへ生まれ変わらせることが可能です。

しかも特別何か努力をしなくてはならない、ということはありません!

 

本記事は、周りの音がうるさくて勉強に集中できない、そんなあなたに読んでいただきたい記事です。

 

スポンサーリンク

資格勉強に最適なカナル型Bluetoothイヤホン

周りがうるさくて集中できないときは、ノイズキャンセリング機能のついたBluetoothのカナル型イヤホンがオススメです。

 

カナル型イヤホンとは、耳栓のように耳にフィットする作りとなっており、
遮音性や音漏れを防ぐ効果があります。

そして同様に、しっかりとした装着感なので、
音を出していなくてもただ装着しているだけで多少のノイズは軽減される効果があるんです。

 

この状態で、イヤホンをスマホにつなぎYouTube等で集中できる曲をかければ完璧です!
周りの騒音は気にならなくなるでしょう。

 

ちなみに、この時かける曲は自然の音やクラシックの曲が良いと言われています。
アップテンポの曲等は集中の妨げになりますのでご注意を。

 

では次に、Bluetoothの理由を教えます。

 

なぜBluetoothが良いのかというと、
ワイヤレスだからスマホを手の届かないところに置けるということです。

 

スマホが手の届く範囲にあると、SNSLINE等が気になってしまい、ついつい見てしまいますよね?

これは集中の妨げになってしまいます。

 

せっかく、うるさくて集中できない環境を静かにしたのに、
今度はスマホの誘惑で集中できなくなる。

ワイヤレスでないと、このような状況に陥る可能性があるんです。

 

でも、ワイヤレスのイヤホンであればこういったことが防げるんです。

カナル型Bluetoothイヤホン、ぜひ使ってみてください。

 

騒音対策には「ノイズキャンセリング機能」付きがオススメ

上記のように、カナル型Bluetoothイヤホンだけでも効果はありますが、
さらに効果を高めたい場合は、「ノイズキャンセリング機能」付きのものを選ぶと良いでしょう。

 

多少値がはりますが、騒音対策としては効果抜群です!

 

ノイズキャンセリング機能とは、以下の仕組みによって成り立ちます。

  1. 周囲の騒音をイヤホン側がキャッチ
  2. キャッチした音と逆位相の音波をイヤホンに搭載されている専用の処理エンジン「DSP(デジタルシグナルプロセッサ)」によって作り出す
  3. 逆位相の音波によって、周囲の騒音を打ち消す

 

このノイズキャンセリング機能によって、あなたは周囲の音を全く気にすることなく勉強に集中できるようになるのです。

 

オススメはSONYのノイズキャンセリングヘッドフォン

 

今までノイズキャンセリング型のイヤホンについてお話させていただきましたが、
私のオススメはこのSONY製のノイズキャンセリングヘッドフォンになります。

正直金額的にはかなり高い方です。

「ヘッドフォンに3万!?馬鹿げてる!!」

そう思われる方は多いと思います。

ですがこのヘッドフォンのノイズキャンセリングはヤバイです。

どれだけヤバイかは実際に電化製品店で体験してみてもらいたいのですが、
どれだけ大きな騒音であっても、このヘッドフォンを付けることで音が消えます!

「誰もがマジか!?なんだこれ!」

と驚くほどの驚異的な機能です。

 

もちろんSONY製ですので、安全性は確保されています。
その上でこの静音化はおかしいというレベル

一度電化製品店へ行ってお試しでつけてみてください。
世界が変わります。

自分にあったイヤホンを見つけよう

それでは実際にどういったイヤホンがあるのかインターネットで検索してみよう。

【STEP1】
スマホでSafari、またはGoogle Chromeを立ち上げる

【STEP2】
以下の画像のように、「イヤホン カナル型 Bluetooth」で検索

【STEP3】
以下の画像のように検索ヒットした商品が出てくるので、自分の好みのイヤホンを見つける

 

まとめ

基本情報技術者試験を受験するにあたって、集中して勉強できる環境づくりはとても重要です。

ですが、時にあなた以外の人が出す騒音によって、あなたの学習スペースは壊されてしまいます。

近くに落ち着いて勉強できるような「逃げ場」があれば話は違うでしょうが、
そう都合よく見つかるというのは稀なことです。

 

そんな時は、あなた自身によって騒音から身を守る工夫をする必要があります。

その工夫の一つが、今回お話したカナル型Bluetoothイヤホンです。

このアイテムが一つあるだけで、あなたの騒音によって劣悪となっていた勉強スペースが、
集中できる勉強スペースへと早変わりします。

 

カナル型Bluetoothイヤホンで音のバリアを作り、あなた自身で勉強できるスペースを作ってしまいましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は騒音によって勉強に集中できない環境を一つのアイテムによって集中できる環境へと変えるお話をさせていただきました。

では、具体的にどのように勉強をすればより良い成果が得られるか?

その点について無料メルマガ・LINEマガジンにてお話しています。

完全無料でお届けしておりますので、ぜひお気軽にご登録いただきまして、
基本情報技術者の正しい勉強法について理解を深めていただければと思います。

ご興味がありましたら、以下のバナーよりご登録ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました!
あっきーでした。

タイトルとURLをコピーしました